TOP  > トローリング




カジキを釣るために発達したトローリング


日本のトローリングは曳釣り

 
 
トローリングでつれる魚はサワラ、イナダ、ワラサ、ブリ、カンパチ、スズキ、カツオ、マグロ、カジキ、タチウオ、ヒラメなどです。

 日本の伝統的な漁法である曳釣りはカツオ、マグロ、サワラなどを釣るために発達してきたもので外国で発達したトローリングのようにルアー自体が水中で動くようには作られていません。

 そのためルアーを逃げ惑う魚のように見せるために、ヒコーキ、跳ねるバクダン、横振りする潜行板といったルアーを動かす補助具を使います。


 外国のトローリングはカジキを釣るために発達してきたもので補助具を使わなくてもルアー自体が動くように作られています。

 ルアーは海が静かなときに軽量で動きの大きいものを使い、荒れているときは重い動きの少ないものを使います。

 4本、5本を同時に流すときは近いところは太いラインで、遠いところに細いラインを流します。

 これはストライクした後にラインが切れるのを防ぐためです。第3波から第5波に交互に流し、最後にセンターのルアーを第6波に流します。

 海の状況によりルアーの動きを最優先させて速度、ルアーの位置を決定します。

 潮の流れ、温度の変化をみながらポイントを探り海面に出た尾ビレを探します。


 ストライク : 

 カジキが針にかかると数百メートル走りジャンプします。

 ジャンプした後もラインを強く張っていることが重要になります。

 ここでは確実にフッキングさせ、他のロッドを片付けファイトの準備をします。

 ファイト :

 小刻みにラインを巻き取り常にラインを張っておきます。

 カジキが走ればラインが出て止まったらラインを巻き取るこの繰り返しが暫く続き、カジキが疲れて近づいてきたらランディングになります。

 ランディング :

 最も危険なときになり、巨大なカジキが見えてからギャフをうつまでは物凄い緊張感が漂います。

 リーダーを手繰り寄せながら最後の抵抗をするカジキとのやり取りの後にギャフを掛けます。

 後はバットで頭を叩き、(ほんの一瞬カジキの全身が青く蛍光し)船の中に取り込みます。


TOP

かじきまぐろ?

突きん棒漁

スポーツフィッシング

トローリング

ロッド・リール

ルアー

ボート

下田・伊豆諸島

料理

映画

リンク




プロフィール

メール

    TOP  > トローリング
Copyright (C) 海とカジキのHP All Rights Reserved