TOP  >  スポーツ-フィッシング 




漁業の釣りはコマーシャル-フィッシング


スポーツ-フィッシングは娯楽、趣味

 
 
伊豆半島の開発を行ったある実業家はスポーツフィッシングの愛好家で下田に大型のトローリングボートを係留し、 カジキを釣り上げるとカジキの胴に平手で思い切り強く叩き、自分の手形を残されたそうです。

 カジキはフッキングしてもバレることが多く、長い時間のファイトの末に勝利した感動は他では得がたいものがあります。

写真に残したり剥製にしたりいろいろですか釣り上げた人の多くはその感動を心に深く刻まれます。


 「キャッチ・アンド・リリース」は、スポーツフィッシングにおいて重要です。これは生殖期に達していない稚魚を捕らえた場合、または食用の目的でなく釣りをする場合には釣った魚を返そうという運動です。
 
 魚の住む自然環境を破壊しないように釣った魚を放してやろうというのが「キャッチ・アンド・リリース」です。

 「タグ&リリース」とは、釣り人が釣った魚にタグと呼ばれる標識番号を付けてリリースする事です。

 「タグ&リリース」はカジキなどの高速回遊性の大型魚の移動や分布、成長といった魚の生態を知る上で大変重要です。

 日本では1985年にJGFA(ジャパンゲームフィッシュ協会)タグ&リリース・プログラムがスタートしています。

 タグのついた魚を再捕獲したときはJGFAへ報告することによって生息の実態が解明されます。

 また、「スポーツフィッシングの精神」を啓蒙するためにヘラブナ釣り、ルアー・フライフィッシングの愛好家の方々がルールを決め競技としてのスポーツフィッシングの普及活動をされています。

TOP

かじきまぐろ?

突きん棒漁

スポーツフィッシング

トローリング

ロッド・リール

ルアー

ボート

下田・伊豆諸島

料理

映画

リンク




プロフィール

メール

    TOP  >  スポーツ-フィッシング 
Copyright (C) 海とカジキのHP All Rights Reserved