TOP  >   ルアー




ルアーは捕食しているベイト合わせる


海の色・天気にルアーの色を合わせる

 
 
ルアーは、さまざまな素材と形状のヘッドと、色彩が豊富なビニールベイトで構成されています。


■  ヘッドの形態 : ルアーの泳ぎ方が変わります。

  バレット形 : 水の抵抗を受けにくく水面下にいる時間が長く直線的な泳ぎ
  コナ型   : カットタイプの動きに横に動いたり急に首を振ったりする
  ジェット型 : ヘッド後方からバブルを出す
  ストレート : 潜り暫くすると水面に出るという縦の滑らかな動きをする
  カット型  : ストレートタイプの動きに左右の横の動きが加わる
  ドアノブ型 : かなり大きくバブルを引く


■  ヘッドの素材 : 輝きが変わります

  白蝶貝、メキシコ貝、アワビ、海松、牛角、プラスチック などがあります。


■  ルアーのサイズ


 大きさはヘッドのサイズが「直径26mm〜60mm」くらい
 
 スカートのサイズが たこ型の物で「220mm〜330mm」イカ型「8〜12号(240mm〜330mm)」です。


■  リーダー


 リーダーは、カジキ用ルアーの大きさに合わせるて80〜150号程度のモノフィラメントを使用します。


■  フック


 フックの素材はステンレスやスチールがあり、リリースをしたあとの魚にとっては錆びて外れやすくなるスティール製が望まれます。

 シングルフックとダブルフックが多く使われています。シングルフックはルアーの動きが良く、90度向きを変えたダブルフックは掛がよくなります。

 フックの大きさはラインが細いときは小さな力で確実にフッキングするように小さめのフックを使い、ラインが太いときは大き目のフックを使うことになります。


■  ルアーの選択


 海の水の色が濃い時は、鮮やかな派手なもの

 
澄んだ色のときは透明度ある時はブルー系

  カジキにアピールするひとつの考え方です。
  ノウハウの積み重ねもスポーツフィッシングの楽しみのひとつです。





白蝶貝


白蝶貝
ルアーヘッド



黒蝶貝


黒蝶貝
ルアーヘッド



スカート
TOP

かじきまぐろ?

突きん棒漁

スポーツフィッシング

トローリング

ロッド・リール

ルアー

ボート

下田・伊豆諸島

料理

映画

リンク




プロフィール

メール

    TOP  >   ルアー 
Copyright (C) 海とカジキのHP All Rights Reserved